学校で撮った写真は大事にしよう

学校で撮った写真は一生残るもの。なんといっても学生時代は一生に一度ですから当たり前です。その写真を捨ててしまったり、なくしてしまったら悲しいですよね。金庫に入れて置くのは少し大げさかもしれませんが、それぐらい大事にして置くべきだと思います。学校で撮った写真をあとから見返してみたり、いろいろ楽しみ方はあると思います。友達と一緒に見ても楽しいでしょう。結婚した時に夫婦で見せ合うのもお互いの学生時代がわかって便利だと思います。

集合写真には参加しておこう

集合写真は学校などでよく撮られますが、参加しておくべきだと思います。参加しないとあとで上のはしらへんに、顔だけ入れられたりしてしまいます。それでは少し目だったりして恥ずかしいので、やはりみんなと一緒に撮っておくべきでしょう。事前に撮ることは知らされている場合が多いので、きちんと準備をして撮ってもらいましょう。あとは、寝不足であったり体調が悪いと映りが悪くなってしまうので体調も万全にしておきましょう。

子供の写真は家でも撮りましょう

子供の写真は学校で撮ってくれるから、別に家では撮らなくてもいいと思って、何も撮らなければ後悔するかもしれません。そこで、学校の行事やいろいろなイベントがある時は、いつもカメラを持ち歩きましょう。学校の運動会で撮るのもいいかと思います。カメラマンもいるかと思いますが、全員を撮るのは難しいので、自分たちでも子供の写真を撮っておきましょう。あとで、子供が成長した時に、写真がたくさんあるときっと喜ばれます。

現在の学校写真はネット注文が主流になっており、家族と購入したい写真を選べるので親子でコミュニケーションを取りながら購入が出来ます。